池袋にある東京芸術劇場のギャラリーで行われた展覧会でつくったもの。

芸術劇場の目の前にある池袋西口公園は若い時の窪塚や長瀬が出ててかなり流行ったドラマ
「池袋ウエストゲートパーク」の舞台になった公園で、ドラマから20年近く経った今でも
池袋の象徴的な場所として生きている。
会場の下見がてら初めてここに来たときも、ミュージシャンやホームレス、大学生
昼から路上で酒を飲んでる人や寝ている人、何もせずぼーっとしている人達がのんびり
過ごしていて、何だかいいなと思った。
そんな中で特に目をひいたのが路上で将棋を指しているおじさん達だった。
自分は将棋は全くできないが、なぜかそのちょっと異様な光景にとても惹かれた。
その時は緊張して話しかけることができず日を改めて話を聞こうと思い公園を訪れると
そこにはフェンスがはられていた。
東京オリンピックに向けて池袋でも開発がすすみ、西口公園には新たに野外劇場が
建設されることになり、その工事が始まっていたのだ。
勿論公園には入れなくなっており、将棋のおじさん達もいなくなっていた。
あの光景がもう見れなくなってしまうのが残念だったし、
できればあのおじさん達に将棋を教えてもらいたかった。
そこで展示期間中の束の間ではあるが、逆に劇場内に将棋場をつくり
公園で指していたおじさん達や劇場に来た人たちに使ってもらった。
公園のおじさん達は毎日展示開場と同時に来てくれて、僕に将棋を教えてくれた。
展示に他の作品を見に来た人も、(グループ展だったのですぐ隣には絵画や彫刻作品が飾られていた)
何故かおじさん達と将棋を指していたりして面白かった。

池袋らしさを作っている大事な光景の内の一つを見て体験してほしいと思った。